圧倒的な不安を手放す手助けとなった瞑想

ナタリー・ディレーニー

いつも疲れ切っていた私

私は、記憶がある限り不安と闘ってきました。その感覚にとても慣れていたので、「私は不安な人間だ」と自己同一視していました。この思考パターンは、人生で直面する課題を処理するために必要な部分となっていました。外部の世界をコントロールし、そこが完璧であれば、幸せになれると信じていました。

時々、自分の不安ばかり感じている傾向について冗談を言い、それによって本当は無力感を感じていた事実に直面しなくて済むようにしていました。何とかして、他人から見て泳げているように見える程度には頭を水面上に保ち、感情を抑え込む術をマスターしましたが、振り返ると、私はいつも疲れ切っていました。

不安に奪われた私の幸せを感じる能力

世界的なパンデミック中に医療分野で働くことは、新たな恐怖と不確実性を引き起こしました。これに対処する準備ができていなかったのです。この世界的な疫病に加え、アイルランドの住宅危機が悪化したことで、将来の安全に対する不安が増大しました。ほとんどの時間を将来について心配して過ごし、それはやがて、私から幸せを感じる能力を奪ってしまいました。私は自分の恐怖を身近な人々に投影してしまい、それが親しい人々に悪影響を及ぼし始めました。

いつも戦うか逃げるかの状態にあり、人々が私をどう見ているかに対して疑念を抱くようになりました。すべてが脅威であり、どこを見てもその疑念を支持する証拠を探しているようでした。他人とのつながりが感じられなくなるほど、世界は小さくなっていきました。馴染み深いこの圧倒的な感情は、新たな勢いを増していました。無力感を感じ、もう安全な場所へとは漕ぎ出すことができないかのように溺れているようでした。私は頻繁にパニック発作を経験し始めました。しばしば「これが私の人間としての存在のすべてではないだろうか?」と考えました。つまり、人間は苦しみ、それについて何もできないということです。外部の潮流に支配され、引きずられることに身体的にも感情的にも疲れ果てていました。もはや自分がコントロールしていると見せかけることはできず、笑い飛ばすことも、愛する人たちが救い出してくれることを期待することも、世界が完璧になって初めて幸せになるのを待つこともできませんでした。

Screenshot_20240504_205944_Instagram

瞑想の効果を体験する

人生のこの時点まで、自分自身をスピリチュアルな人間だとは思っていませんでしたが、人生に何かが欠けているという感覚が心の中にあり、他の方法があるのではないかと感じていました。以前から瞑想の実践の効果についての話や読書を通じて知っていたので、試してみることにしました。地域の瞑想クラスをGoogleで検索し、近くのカダンパ瞑想センターを見つけました。2021年4月に初めて瞑想クラスに参加し、すぐに落ち着いた感じがしました。

常任教師がダルマ(ブッダの教え)を伝えるときのリラックスしたアプローチが好きで、私に対して何も期待していないことがありがたかったです。参加している人にはそれぞれ異なる個人的な理由がありましたが、共通していたのは、瞬間ごとに本当に幸せになりたいという願いでした。共有されたダルマを注意深く聞き、そのクラスでいくつかの点が私に響きました。教師は「どこに寄りかかるかで、最終的に自然に着地する。ただ傾きをそっと逆にするだけ」と説明し、また「あなたは「不安」ではない、それはあなたがあまりにもよく知っている感情で、そのためにそれと同一視してしまう」と言いました。最初のガイド付き瞑想中に、私の心が落ち着き始め、平和な感覚が自然に湧いてきました。物事が理解できるようになり、混乱の雲が晴れ始めました。不安の傾向に身を任せ、そこに毎回着地していたことに気づきました。短い瞑想中に心がこのように平和に感じるなら、私の心が本質的に不安であるはずがなく、傾きを逆にすることができると思いました。その瞬間、私の心持ちに変化がありました。不安は一時的な感情であり、私が過度に同一視しているだけでその力を減らし、最終的には消滅させるのに役立つ実践を学ぶことができるという考えによって、勇気付けられ、解放された気分になりました。

AdobeStock_715612744

穏やかでクリアになった心

瞑想を始めた当初は、単純な呼吸瞑想でさえ難しいと感じました。私の心は非常に忙しく、長時間集中するのが困難でした。穏やかでリラックスしたアプローチを取りながら一貫して練習を続けたことで、徐々に瞑想の技術が向上しました。瞑想は私に心の真の性質を教えてくれました。それは本質的に平和で明晰であり、不安や恐怖の感情は空の雲のようなものであるということと、それを手放すことを学ぶことができ、最終的にはそれらから自由になることができるということです。この新しく学んだスキルが日常生活にも影響していることを感じ始めました。それは自分自身や他人を見る方法を変え、家族、友人、同僚、見知らぬ人との交流を改善してくれました。すべての生きとし生けるものを愛し、感謝すること、そしてこの貴重な人間の生を感謝することを学ぶことで、他人とのつながりを感じるようになりました。

生きる手助けをしてくれた瞑想

毎日、物事の本当のあり方を受け入れることを学んでいます。真の幸福が内面から来るものであり、外部の要因に依存しないという発見は、私にとって非常に解放的な経験でした。全体として、ダルマと日々の瞑想の実践が、本当に生きるための手助けとなりました。私はより現在に存在することを学んでおり、この道が私を一貫して幸せで平和にする助けとなると深く信じています。

人生が完全にネガティブな感情から自由であるわけではありませんが、以前のようにそれらに支配されていないと自信を持って言えます。最初の瞑想クラス以来、一度もパニック発作を起こしたり、「不安な人」と感じたりすることはありませんでした。カダンパ仏教の実践についての理解を深めるために基礎プログラムに参加しましたが、振り返ることは一度もありません。

ナタリーはダブリンのカダンパ瞑想センターに通っています。
近くのカダンパセンターを探す

Share Your Dharma Journey

If you have a personal story about the positive impact of Dharma in your life and would like to share it with the community, please feel free to reach out to us. You can submit your story by emailing it to [email protected]. We look forward to hearing from you and sharing your inspiring journey with others.